茨城県守谷市の墓石販売・建立・墓リフォーム・墓地分譲の石材店。取手市/守谷市/下妻市/坂東市/つくばみらい市/つくば市等茨城県全域・千葉県・埼玉県・東京都

葬式の基礎知識


家族の死。まず何をすればいいの?

■葬儀の一般的な流れ(仏式の場合)
※地域の習慣や葬儀の規模、宗派などによって大きく異なる場合があります。
あくまでも一般的な例としてご覧ください。
危篤 医師から危篤を告げられたら、家族、親戚、友人、知人など会わせたい人に至急連絡を入れます
臨終 末期(まつご)の水をとります。割り箸に脱脂綿を巻きつけ水を含ませて唇を湿らせます。
遺体を清め、死装束などに着替えをさせ、死化粧をほどこします。
北枕に安置し、枕元に枕飾りをします。
死亡診断書を医師に書いてもらい、役所に死亡届と火葬許可申請書を提出し、火葬許可証を交付してもらいます。
通夜・葬儀の準備 葬儀業者に依頼し打ち合わせをします。
喪主(施主)、葬儀の日程・式場などを決めます。
僧侶と打ち合わせをし、葬儀全体の流れを確認します。
親戚、友人、知人、勤務先などへ電話して死を伝え、葬儀の日程なども知らせます。
葬儀の実務を担当してもらう世話役を決め、依頼します。
遺影の準備や弔辞の依頼などを行います。
葬儀社と相談しながら式場の設営を行います。
納棺 遺族や親族の手で棺に納め、祭壇の前に安置します。
通夜 <通夜の一般的な流れ>
一同着席→僧侶入場→開式の辞→読経→焼香→僧侶退場→閉式の辞→通夜ぶるまい
葬儀・告別式 <葬儀・告別式の一般的な流れ>
一同着席→僧侶入場→開式の辞→読経→弔辞・弔電披露→焼香→僧侶退場→お別れの儀→喪主のあいさつ→閉式の辞
出棺 出棺に先立ってお別れの儀を行います。棺のふたを開け、遺体のまわりに花を飾り、故人の愛用品なども納めます。
棺のふたを閉め、釘を喪主・遺族の順で二回ずつ石で打ちます。
喪主または親族代表があいさつをします。
火葬 納めの式をしたのち荼毘に付します。
二人一組で骨あげをします。
骨壷は喪主が持ち、帰途につきます。
精進落とし 火葬場から戻ったら、家に入る前に身を清めます。
遺骨を後飾りの祭壇に安置します。
還骨法要の読経ののち、焼香をします。
宴席を設けて精進落としを行います。遺族は末席に座り、僧侶や世話役にお礼のあいさつをします。
後飾り 遺骨を安置する後飾りの祭壇は四十九日まで飾ります。

葬儀社はどうやって選ぶの?

葬儀社はどうやって選ぶの?
■ 知り合い、紹介、近所、病院出入りなど

東京都が2002年に都民に対して行ったアンケートによれば、親族が病院で亡くなり葬儀を行った際の葬儀社の決定方法については「病院出入りの葬儀社と契約した」が17.5%、「別の葬儀社と契約した」が61.6%となっています。

「別の葬儀社と契約した」と回答した人の内訳は「互助会に入っていた」(21%)、「友人・知人の紹介」(19%)、「自分で探した」(16%)、「その他」(24%)となっており、その他には「自宅に近い」「お寺(教会)の紹介」「前からの知り合いの葬儀社があった」等が挙げられました。

また「葬儀社を選択するときに何を重視するか」の問いには、「価格体系が明朗である」ことを選んだ人が70.5%にものぼり、次いで「疑問点を丁寧に説明してくれる」が58.4%、「出費をおさえられる」は21.5%にとどまりました。単に安さだけではなく、納得できるサービスと価格を求めている人が多いようです。

■ トラブルを避け、納得できる葬儀を行うためには

知っ ている葬儀社がない場合、病院出入りの葬儀社に依頼したり、自分で探したりする必要が生じますが、気が動転しているうちに高額な契約を結ばされた例もある など、葬儀社とのトラブルは決して珍しいことではありません。また葬儀を終えたのちに「非常に高かった」「料金システムが不明瞭だった」といった不満を抱 く人も多くいます。

アンケート結果を踏まえたうえで東京都では「納得できる葬儀を行うために心がけておくこと」として次のような提言をしています。

「合理的な葬儀を行うためには、普段から家族と葬儀の方法、規模について具体的に話し合い、どのような葬儀を行いたいのか自分なりのイメージを持っておく。また、信頼できる複数の葬儀社から見積もりを取っておくこともひとつの方法である」

葬儀社との契約は慌てず慎重に。サービスや価格の内容をよく比較検討することがたいせつです。


葬儀費用、誰にいくら払えばいいの?

葬儀費用、誰にいくら払えばいいの?

■ 葬儀に必要な費用

葬儀にかかる費用は大別すると
 ・葬儀料金(葬儀社への支払い)
 ・寺院等へのお礼
 ・飲食・接待費
 ・香典返し
 ・その他
となります。

 

このうち葬儀社へ支払う「葬儀料金」には、一般的に次のようなものが含まれます。
<基本施行費>
・枕飾り一式 ・御寝棺 ・御骨箱 ・祭壇設営一式 
・式場設営一式 ・接待用具一式 ・受付記帳用事務用品一式
<基本施行費以外>
・寝台自動車搬送 ・司会、進行係員 ・ドライアイス 
・通夜、会葬粗供養 ・会葬礼状等印刷 ・遺影写真作成 
・記録用ビデオ、写真撮影 ・樒、供花、その他供物 
・電装提灯、蓮華等 ・貸衣装、貸布団 ・料理、飲食代 
・式場奉仕係 ・交通整理係 ・式場使用料 ・季節用品 
・テント、テーブル、イス
<立替実費>
・霊柩自動車 ・お伴自動車 ・火葬費用 ・心付け一切

■ 葬儀費用の目安

葬儀費用は、葬儀の規模や会葬者の人数、また地方によっても金額が違ってきます。以下は東京で葬儀を行う際の目安となるものですが、都内は概して割高です。全国平均はそれぞれの額より2~4割安いとお考えください。
項目 平均価格 最高価格 最低価格
葬儀社への支払い 176.88万円 850万円 3.8万円
寺院関係への支払い
(うち戒名料)
64.27万円
38.17万円
250万円
200万円
0
香典返し
(1人あたりの金額)
91.12万円
0.56万円
600万円
9.4万円
0
飲食・接待費
(1人あたりの金額)
36.23万円
0.24万円
250万円
2.6万円
0
その他 23.24万円 300万円 0
費用の合計 345.86万円 1650万円 35万円
※2001年に都民が負担した葬儀費用。「葬儀費用にかかわる費用等調査」(2002年・東京都調べ)より。

自分スタイルの葬儀を準備するには?

自分スタイルの葬儀を準備するには?
■ 個性的な葬儀は難しい?
自分の葬儀は個性的な形にしたいと望む人が増えています。また家族の葬儀に対しても、故人の遺志を反映したものにしたいと考えている人が大半です。 にもかかわらず、実際にはそれが叶えられたケースはごくわずか。請負ってくれる葬儀社が見つからない、具体的な希望が遺されていなかった等の理由もあり、親族の意見や葬儀社の助言、地域の習慣などに従って一般的な葬儀にせざるを得ないのが実状のようです。
■ 事前葬儀プランを作成しましょう
自分らしいスタイルの葬儀にするためには、準備が必要です。 具体的なプランを用意しましょう。
・どんな葬儀をするか    
・葬儀社はどこに頼むか 
・予算はどのくらいか
・どこで行うか 
・誰に連絡をするか     
・どんな祭壇にするか 
・どんな花を飾るか     
・どんな音楽を流すか 
・遺影にはどの写真を使うか 
・弔辞は誰に頼むか 
・どこに納骨するか     
・どのような会葬礼状をつくるか
などを事細かに記して、葬儀施行者(喪主)となる可能性の高い人に託します。 ニーズの高まりに伴って、最近では個性的な葬儀に対応する葬儀社も増えつつあります。 その葬儀プランが実行可能かどうかを自らも事前に調査しておくとよいでしょう。


墓石・墓リフォーム・墓地分譲の株式会社小林石材工業

〒 302-0128茨城県守谷市けやき台1-9-3
<石材工場>茨城県桜川市本木73-2

TEL 0297-45-0829 FAX 0297-45-1577