茨城県守谷市の墓石販売・建立・墓リフォーム・墓地分譲の石材店。取手市/守谷市/下妻市/坂東市/つくばみらい市/つくば市等茨城県全域・千葉県・埼玉県・東京都

おすすめの国産みかげ稲田石と真壁石


稲田石とは

稲田石とは
稲田石は茨城県産の黒雲母花崗岩です。「白みかげ」と呼ばれる
白色系の美しい花崗岩で、建材用の石材から墓石まで
広く利用されています。
笠間市「稲田」を中心に東西8キロ、南北6キロにわたる
通称「石切山脈」の一帯から産出され、
年間約1万2千トンにものぼるその採掘規模は
日本一といわれています。

こんなところも稲田石

美しい色と輝きを持ち、硬く耐久性に優れた稲田石は、大量に採れ搬出の便もよいこともあって、
昔から墓石のみならずさまざま建築物にも使われてきました。
現在でも、大型の建築には必ずといっていいほど稲田石が使用されています。

稲田石でつくられた歴史的建造物
・三井銀行本店(明治35年竣工)
・日本橋の橋げた(明治40年竣工)
・第一生命ビル(昭和10年竣工)
・鹿島神宮大鳥居30尺(昭和43年竣工)
ほかに明治神宮、最高裁判所、広島・平和都市記念碑などでも
稲田石が使われています。

真壁石とは

真壁石とは
「真壁小目石(こめいし)」などとも呼ばれます。茨城県産の花崗岩で、
小さな石目が揃っていて上品な味わいがあり、墓碑には昔からよく使われてきました。
白色系ですが青味の強いものほど高級品とされています。
筑波山系のひとつ加波山の一帯で産出され、産地としては
桜川市(旧真壁町・大和村)が知られています。
小目石よりやや目の粗い「中目石」もあります。

こんなところも真壁石

硬質で吸水率が低いほか、結晶の変化が美しく自然焼けしないのも真壁石の特色です。
墓石や灯籠以外にも、多くの建造物で利用されており、普段からよく目にすることができます。

真壁石でつくられた歴史的建造物
・迎賓館赤坂離宮(明治42年竣工)
・日本銀行本店(増築部分)(明治36年竣工)
・皇居前広場 楠 正成像台座(明治33年)
・皇居前広場 縁石
・三越本店 ライオン像台座(大正3年)


仕上げ方で変化する表情

優れた原石である真壁石は、さまざまな表情を見せてくれる石としても好まれています。
ビシャン、のみ切り、小タタキ、コブ出し、バーナー、本磨きなど、
その仕上げ方によって思い思いの質感を楽しむことができます。

真壁石材協同組合ホームページへ⇒

稲田石・真壁石でつくるお墓

稲田石・真壁石でつくるお墓
良質な国産みかげでお墓をつくってみませんか。
小林石材工業では、稲田石・真壁石の厳選された原石を
ご用意しています。
加工・製造は"石の郷"真壁にある本社工場にて。
最新の設備と職人たちの熟練の技を用い、
どのようなご要望にもおこたえいたします。
お気軽にご相談ください。


墓石・墓リフォーム・墓地分譲の株式会社小林石材工業

〒 302-0128茨城県守谷市けやき台1-9-3
<石材工場>茨城県桜川市本木73-2

TEL 0297-45-0829 FAX 0297-45-1577